Groovy City Life

休日は出かけよう。

【台湾旅行】台北の朝食で実際に食べたオススメの絶品豆漿3選

台湾旅行の楽しみのひとつに豆漿があります。

 

台湾では朝から食堂がオープンしています。

 

日本では朝ごはんを外で食べる習慣はあまりありませんが、ぜひ早起きして朝ごはんには豆漿を食べに行きましょう

 

私が実際に行ったお店を紹介します。

 

鼎元豆漿 - 中正記念堂駅徒歩4分

まずは中正記念堂近くの鼎元豆漿(ディンユァンドウジャン)です。

 

中山記念堂の9:00の衛兵交代式を見たあとの10:30に訪問しました。

 

その時間、店内は全てのテーブルがちょうど埋まるくらいの客数で待たずに入れました

お店の情報

www.tripadvisor.jp

 

料理について

鹹豆漿(シェンドウジャン)と韮菜包を注文しました。

 

鹹豆漿加蛋というメニューもありまして、こちらは卵入りです。

 

加蛋で卵を加えるという意味なんですね。

ピータンの蛋ですね。

 

甜豆漿は甘いので注文を間違えないよう注意しましょう。

 

鹹豆漿

f:id:ytbr:20180616210451j:image

ふわっふわの豆漿です。

揚げパンのような油條入りです。

 

韮菜包
f:id:ytbr:20180616140034j:image

韮菜包です。

 

にらまんじゅう。

というよりむしろにらばくだんという様相です。

 

これが全力でニラ!

というかんじでとても美味しかったです。

 

一緒にいったひととシェアして食べましょう。

 

一人でたべると食べていない方はにおいが気になってしまいますので。

 

世紀豆漿大王 - 双連(雙連)駅徒歩1分

雙連駅から徒歩1分という駅近にある人気店です。

10時くらいに訪問しました。

 

10人くらい並んでいましたが、持ち帰りの人もいて回転も早いので待つという感じではありません。

 

店内の席は余裕がないので基本的に相席となります。

 

観光客だけではなく地元の方の利用が多いことから人気なのがわかります。

 

お店の情報

www.tripadvisor.jp

 

料理について

  • 鹹豆漿(シェンドウジャン)25TWD
  • 小籠包70TWD
  • 蛋餅(ダンビン)25TWD

を注文しました。

 

f:id:ytbr:20180616223356j:plain

 

袋に入っているものが蛋餅です。

わかりづらい写真ですみません。

 

蛋餅、たまごの入った餅というかパンというか。

そぼくな味でとてもおいしいです。

 

小籠包は70TWDで10個くらいでした。

某有名店の3分の1のお値段です。

コストパフォーマンスが良いです。

 

良心合記豆漿 - 北門駅徒歩10分

こちらは先にあげた2店舗よりもずっとローカルな雰囲気のお店です。

 

宿泊していたCity Suites Beimenから徒歩5分くらいのところにあり

淡水河沿いの公園に向かう途中で見つけたお店です。

 

お店の情報
お店のFacebook

 

料理について

こちらでも鹹豆漿(シャンドウジャン)を食べました。

 

鹹豆漿どこで食べてもおいしいです。

 

こちらのお店はお父さんと小学生くらいの男の子がやっていました。

 

なんかほのぼのローカル感がとても素敵でした。

 

蛋餅(ダンビン)のメニューがとても充実していました。

 

ぼくは原味蛋餅を注文。

 

原味というのはプレーンのことを表します。

 

f:id:ytbr:20180616223422j:plain

蛋餅(ダンビン)にはまってしまったかもしれないです。

美味しい。

 

油條も豪快に乗ってます。

 

朝食は外で豆漿を食べよう

台湾ではリーズナブルに美味しい朝食が食べられます。

 

豆漿をら食べられるお店は台北市内にとても多いので、きっと宿泊されるホテルの近くにもあるはずです。

 

ローカルの雰囲気を味わえることは旅の醍醐味のひとつですし、宿泊の予約時にホテルの朝食をつけずローカルの食堂で豆漿を食べましょう。