Groovy City Life

休日は出かけよう。

なんとかなる!お盆や年末年始の新幹線、直前の予約方法。

f:id:ytbr:20180811111332j:image

お盆や年末年始の新幹線の予約って大変ですよね。

希望の日時で予約をするには1ヶ月前の予約が鉄則ですが、どうしてもたまに忘れてしまう・・・そして、直前になると指定席ぜんっぜん空いてない!と、いつもそんな状況に陥ってしまうあなた・・・私と同類ですね。

 

私もいつも直前の予約です。前日か当日に取っています。そして、いままで予約できなかったことはありません。今回は、百発百中のその方法についてお伝えしたいと思います。

 

基本方針は空いている座席を素早くとる

何を当たり前のことを・・・と思ったそこのあなた。そう、正解です。私が実施しているのは裏技でもなんでもありません。

 

  1. キャンセルで空いた座席を素早く把握
  2. 把握した座席を素早く予約

 

単純明快なたったこれだけの手順です。簡単ではありますが、キャンセルで空きが出てから埋まるまではほんの数秒です。この、秒単位の勝負となるこの戦いに勝つ方法があります。

 

まず「1.空いている座席を素早く把握」がポイントです。

 

空いている座席の把握はJR CYBER STATIONで

まず比較対象として通常の空席確認方法から。通常、新幹線予約をするEXPRESS予約の列車の確認画面がこちらです。

EXPRESS予約では確認しづらい

f:id:ytbr:20180811103230p:plain

 

1ページあたり6件の新幹線の座席の空き状況を確認することができますが、画像でもわかる通り、3件しか表示されていません。スクロールしてやっと6件の確認が可能です。

 

これでは見づらいですし、確認が遅くなります。 これを解消できるのがJR CYBER STATIONです。

 

JR CYBER STATIONなら空席を一覧で確認できる

JR CYBER STATIONとは指定席の空席状況を一覧で確認ができるページです。

検索した結果の一覧がこちらです。

 

f:id:ytbr:20180811103839p:plain

 

どうですか?さきほどのExpress予約の画面と比べて格段に 見やすいと感じられたのではないでしょうか。一覧では12件が表示されています。(EXPRESS予約で見える3件の実に4倍です)

 

1席でも空いていれば△が表示されますのでその新幹線を狙い撃ちで予約しにいきます。

 

空いていない場合は画面下部の「1時間前を検索」「1時間後を検索」ボタンで時間を移動していけば、空きが表示されます。

 

座席の空き状況はリアルタイムで反映されますので前後の時間を行き来していれば空きは必ずでてきます。それくらい座席のキャンセルは頻繁にあります。

 

JR CYBER STATIONの利用方法はこちら

それではサイトの使用法を画面のコピーと合わせて説明していきたいと思います。

まずJR CYBER STATIONにアクセスすると以下のページが表示されます。

 

 トップページ

f:id:ytbr:20180811104041p:plain

 

 

昔ながらのシンプルなサイトとなっています。こちらのサイトから「空席案内(指定席の空席照会がご覧になれます)」を選択します。

 

空席案内ページ

f:id:ytbr:20180811104213p:plain

 

「乗車月日」「乗車時刻」「お乗りになる列車」「乗車駅・降車駅」を入力して検索します。これで、一覧で空席照会が可能です。

 

把握したら空き座席を素早く予約しよう

この手順では、確認してから予約までをいかに時間短縮するかが鍵となります。

手順は以下の通りです。

 

  1. EXPRESS予約の列車検索ページを別タブで開く(ログインの時間を省く)
  2. 座席指定はしない(空き座席数が少ない場合は指定できないので)
  3. 迷わない(気に入らなければ取った後に変更すればいい)

 

この3つを守ることで予約ができます。

 

この方法を知っていると繁忙期も安心です。

 

結局は前もって予約しておいたほうが良い

今回の方法は一人旅であればかなり有効なのですが、2人以上ですと難しいです。

 

まず隣同士の席は取れないでしょう。これでは旅の楽しさ半減です。 

結局は、旅行の際には1ヶ月前の予約を目指して、もしもの時のための手段として今回の方法を覚えておいていただければ損はないかと思います。