Groovy City Life

休日は出かけよう。

【フランス旅行】パリからニースへの移動はeasyJetでの行き方がおすすめ

f:id:ytbr:20180614214235j:image

フランス旅行!

 

フランスといえばまずはパリ!

それから近郊のヴェルサイユ、ちょっと離れてますけどモン・サン・ミシェルやロワール古城巡りなどがメジャーな観光地ですよね。

 

でも、ちょっと遠いけどせっかくだから南仏にも行きたい!という方は多いのではないでしょうか。

 

ぼくも南仏に昔からすごい憧れがあり、新婚旅行でパリと南仏のニースへ行きました。

 

その時に実際に使った移動方法について、今回はお伝えします。

 

パリからニースへの移動手段

パリからニースへの移動手段は主に列車と航空機の2種類です。

 

今回ぼくは航空機を使いました。

 

航空機での移動について

航空機はエールフランスやeasyJetなどいくつかの航空会社から便がでております。

 

金額が安いという理由で、LCCのHome | easyJet.comを利用しました。

 

パリ郊外のオルリー空港からニース・コートダジュール空港まで約1時間半のフライトとなっております。

 

実際に乗った飛行機はこちら
Paris Orly (West) to Nice (Term 2) 

f:id:ytbr:20180903120748j:image

出発: 9月4日 12:10
到着: 9月4日 13:35

 

Nice (Term 2) to Paris Orly (West)

f:id:ytbr:20180903121105j:image

出発: 9月6日 14:55
到着: 9月6日 16:25

 

料金

2人で往復218ユーロでした。

1ユーロ=130円くらいでしたので、28,340円です。

1人片道7,000円くらいですね。

 

当日の移動スケジュール

09:10 凱旋門発のバスでオルリーへ空港へ
12:10 オルリー出発
13:20 ニース到着

 

ニースへはシャルルドゴール空港ではなくオルリー空港から出発となります。

 

パリ市街からオルリー空港へは空港と市内を結ぶバスLe bus Directで行くことができます。

 

Le Bus Directのチケットは事前にWEBで購入することができます

 

ぼくはエトワール凱旋門の付近のバス停から乗車しました。

 

片道12€です。

 

WEBで予約をするとメールでチケットのPDFが送られてきます

 

そのPDFにバーコードが記載されています。

 

乗車時に運転席の横にバーコードリーダーがあるので、そちらで読ませれば乗車できます。

 

印刷せずにスマホの画面でOKでした。

 

コートダジュール空港からニース市街へはバス

出口を出て右手にチケット売り場の建物があります。

そちらでチケットを購入します。

 

チケットを購入したら、向かいにバスが停まりますのでそちらから乗ります。

 

f:id:ytbr:20180614214257j:image

バス乗り場の写真です。

 

約25分でニースの市街に着きます。

 

実際の時刻は以下の通りです。

13:35 98番のバスに乗車

14:00 airbnbで予約したフラットに到着

 

バス車内からは右側に海が見えますので、なるべく右側の席に座りましょう。

 

f:id:ytbr:20180903224602j:image

このようにすぐそばに海がずっと続きます。

 

夢にまで見た地中海!

という感じで気持ちが高まってくること間違いなしです。

 

 

大きな荷物は避けよう

easyJetで一点気をつけたいのが、大きな荷物です。

LCCは基本金額が安い分、大きな荷物を預けると別途料金が加算されてしまいます。

 

そんな時はパリに置いてくるというのが一つの手です。

 

ニース前後のパリでの宿泊で利用しているホテルが同じホテルであれば、そのホテルで荷物を預かっておいてもらえます。

 

ぼくは違うホテルでしたので、戻って来た後に

泊まるホテルに預かってもらえました。

 

ホテルに電話して、チェックインは3日後だが預かってくれるか聞き、ニースへ行く当日の朝に預けにいきました。

 

トライしてみてください。

 

行きはパリへ帰りはニースからという可能性も

今回ぼくは最終的にニースからパリへ戻る旅程を組みました。

 

もし、可能であればニースから日本へ戻る旅程も検討してみましょう。

 

日本からパリへ行き帰りはニースから日本へ帰ってくるパターンです。

 

ニースからパリへ戻ってくる必要がないので時間が節約できます。

 

こういう旅程が組めると旅を攻略した気持ちになりますね。