Groovy City Life

休日は出かけよう。

フェス用テントはこれ!前室付きの軽いテントならこの2択!

f:id:ytbr:20180818022242j:image

夏本番です。

 

夏といえばキャンプです。

 

夏といえばフェスです。

 

その両方の必須アイテムがテントです。

 

ぼくは父親から譲り受けたモンベルのムーンライト5を長らく使っていました。

 

しかし、20年モノなので防水加工がダメになってしまい、モンベルに修理に持っていったものの修理不可になってしまって泣く泣く最近買い替えました。

 

今回はテントを買い替えるときに重視した

ポイントをお伝えしたいと思います。

 

キャンプとフェスに使うテントの重要なポイント

キャンプだけでなくフェスに使う場合に重要なポイントはズバリ…

 

前室があること!

 

高さがあること!

 

軽いこと!

 

以上の3点です。

それぞれ説明します。

 

雨よけになる前室はたいせつ

通常のキャンプでしたらテントの横に日差しよけ、雨よけになるタープを張りますよね。

 

しかし、フェスは会場に多くのテントを張る必要があり、場所を広くとってしまうタープ禁止していることが多いです。

 

ですので、雨よけを作るためには前室が必要となってきます。

 

また、イスやテーブルを使うときに前室があるとプライベートな空間をら作ることができます。

 

高さは130cmくらいほしい

前室にはイスを置いて座りたいので、高さが必要です。

 

helinoxに座ってギリギリ頭がつかない高さが130cmくらいです。

 

みなさんがよくお使いのスノーピークのアメニティドームは、前室のほうが寝室より低くなっていて高さがないので候補から外れてきます。

 

テントの重さは3キロくらいまで

フェスの場合は電車で行ったり、車の場合でも駐車場が遠かったりと荷物を持って歩く距離が長いです。

 

ですので荷物はなるべく軽くしたいところです。

 

3キロくらいにおさえておけば、手で持っても

バックパックにくくり付けても邪魔になりません。

 

この条件がなかなか厳しく、前室が付いているテントは重いことが多いです。

 

あたりまえですけどね。

 

軽くて前室に高さのあるテントは?

上記の3点を満たすテントってほんとに全然なくて、ぼくは2つしか見つけられませんでした。

 

ちなみに2人で使うことを想定しています。

 

ステイシーネスト

ぼくが探して実際に購入したテントが

小川キャンパルのステイシーネストです。

 

f:id:ytbr:20180818022446j:image

フジロックで使った時の様子です。

だいぶコンパクトではありますが、2人で使うことができる前室つきのテントです。

 

同じカタチで人気のあるステイシーST2の

軽量版のテントです。

 

幕体1.9kg + ポール1.2kgで 3.1kgです

これはかなり軽いです。

 

このテントを小脇に抱えて、1人でタイコクラブに行きましたが重さはまったく苦にならなかったです。

 

あと、なによりベージュと赤のカラーリングがめちゃかわいいです。

 

大好きです。

 

でも金額は全然かわいくない〜。

でもオススメ。

 

ogawa(オガワ) テント ステイシーネスト [2~3人用] 2617

ogawa(オガワ) テント ステイシーネスト [2~3人用] 2617

 

 

Big AgnesのワイオミングトレイルSL2

【ビッグアグネス】 ワイオミング トレイル - テント専門店 【YH-camping】 MSR、ヒルバーグ、他多数!全国送料無料です。

 

高さが152cmあって、重量が3.5kg!

ほんとうはこちらがぼくの本命でした。

 

だけど売っていません!

どこにも売ってなくて諦めました。

 

たまにオークションに出ているみたいです。

見つけたら買っちゃうかも…。

 

以上の2つが条件を満たすテントです。

実質、買えるのはOgawaのステイシーネストだけなので一択ですね

 

台風のフジロックの中でもびくともしなかったから強度的にもオススメです。