Groovy City Life

休日は出かけよう。

フェス用!前室付きの軽いテントならこの二択!

f:id:ytbr:20180818022242j:image

春、夏、秋と家族、夫婦、カップルで楽しめるアウトドアアクティビティの代表格といえばキャンプです。キャンプにテントは必須のアイテムです。

また、最近では屋外での音楽フェスが増えてきており、そのフェスでもキャンプインといってテントを張って夜を過ごすものが多いです。実際に私は、フジロックやFFKT(旧Taico club)などのフェスにテントを持って参加しています。

 

私はモンベルのムーンライト5を長らく使っていました。

しかし、防水加工が取れてしまい修理不可となり、最近テントを買い替えました。

 

この記事ではテントを買い替えるときに重視したポイントをお伝えしたいと思います。

1〜2人で使うことを前提としています。

 

 

キャンプとフェスに使うテントの重要なポイント

キャンプだけでなくフェスに使う場合に重要なポイントは以下の3点です。

 

  • 前室がある
  • 高さ
  • 軽さ

 

上記は必須の条件ですので、それぞれなぜ必要かを次からで説明していきます。

前室の有無とテントの高さは軽さとのそれぞれ説明します。

 

テントの前室はタープがわりになる

そもそも前室とは何かを説明します。

テントの内部が、寝袋を広げて寝るスペースと土足で過ごす土間のようなスペースにわかれていて、土間の部分のことを前室といいます。

 

ではなぜ前室が必要なのでしょうか。通常のキャンプでしたらテントの横に日射しよけ、またパーソナルスペースとのしての空間の創出といった意味でも、タープを張ります。

 

しかし、フェスにおいてはタープを張ることが禁止になっている場合が多いです。これは、タープを張ることで会場の場所を広くとってしまい、他の参加者の迷惑になると考えられているためです。

 

つまり、雨よけ・日射しよけ・空間づくりのためには、タープの代わりとなる前室が必要となってきます。

 

私は前室にはhelinox等のアウトドアチェアとテーブルを置いて、雨が降っても食事をしたり、座って寛ぐことができるようにしています。

 

このhelinox等のアウトドアチェアを前室に置くという点が、次の高さが必要というテントの必須要件に関係しています。

 

高さは130cmくらい必要

前述の通り、前室にはアウトドアチェアを置いて座りたいので、座った時に頭が天井につかない程度の高さが必要です。

 

私の使用している、おしゃれなアウトドアチェアの代表格であるhelinoxの場合、座ってギリギリ頭がつかない高さが130cmくらいです。

 

前室のあるテントとしてはアウトドアブランドとしてたいへん人気のあるスノーピークのエントリーモデルであるアメニティドームをお使いの方が一番多いと思います。しかし、このアメニティードームは前室のほうが寝室より低くなっていて、前室の高さが130cmないので購入の候補から外しました。

 

テントの重さは3キロくらいまで

フェスの場合は電車で現地まで行ったり、車の場合でも駐車場が遠かったりと荷物を持って歩く距離が長いです。

実際にフジロックは新幹線で越後湯沢まで行き、そこからシャトルバスに乗り換えて行く方が多いですし、FFKT(Taicoclub)では駐車場から会場までの歩く距離が15フン程度あります。ですので荷物を軽くすることはとても大切です。フェス開始前に疲れていては元も子もありませんからね。

 

3キロくらいにおさえておけば、手で持ってもバックパックにくくり付けても邪魔になりません。

 

この条件がなかなか厳しく、テントの必須の条件の上の二つ「前室がある」「高さが高い」の条件を満たすテントは重いことが多いです。あたりまえなんですけどね。

 

軽くて前室に高さのあるテントは?

上記の3点を満たすテント、私の知っている限りは2つだけです。

 

Ogawaのステイシーネスト

私が探して実際に購入したテントがOgawaキャンパルのステイシーネストです。

 

f:id:ytbr:20180818022446j:image

フジロックで使った時の様子です。かなりコンパクトではありますが、2人で使うことができる前室つきのテントです。

こちらのテントは写真を見ていただいてわかる通り、前室の前扉を立ち上げてタープのように使用することも可能です。このスペースでチルアウトな時間を過ごすのが至福のひと時です。

 

幕体1.9kg + ポール1.2kgで 3.1kgです。これはかなり軽いです。

実際、このテントを小脇に抱えて、1人でタイコクラブに行きましたが重さはまったく苦にならなかったです。 

あと、なによりベージュと赤のカラーリングがかわいいのもポイントが高いと思います。

 

ogawa(オガワ) テント ステイシーネスト [2~3人用] 2617

ogawa(オガワ) テント ステイシーネスト [2~3人用] 2617

 

 

Big AgnesのワイオミングトレイルSL2

【ビッグアグネス】 ワイオミング トレイル - テント専門店 【YH-camping】 MSR、ヒルバーグ、他多数!全国送料無料です。

 

高さが152cmあって、重量が3.5kgです。本当はこちらが私の本命でした。しかし、こちらの商品はもうどこにも売っておりません。前年ですが諦めました。

 

たまにオークションに出ているみたいなので、見つけたら買いだと思います。

 

以上の2つが条件を満たすテントです。

実質、買えるのはOgawaのステイシーネストだけなので一択ですね

台風のフジロックの中、周りのテントが多数潰れる中でもビクともしなかったので、強度としてもオススメのテントです。