Groovy City Life

休日は出かけよう。

休日は近場で東京を知ろう!両国の江戸東京博物館は超オススメ。

f:id:ytbr:20180818121518j:image

両国と言えば国技館があるのは皆さんご存知のことと思います。

 

そのとなりにそびえ立つ、でっかい建造物!

 

それが今回のテーマ江戸東京博物館です。

 

そのベストな楽しみ方をお伝えします。

 

江戸東京博物館って?

東京都江戸東京博物館は、江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場として平成5年(1993年)3月28日に開館しました。高床式の倉をイメージしたユニークな建物で、開館以来、東京を代表する観光スポットとして、多くのお客様にご来館いただいております。
常設展では、徳川家康が江戸に入府してから約400年間を中心に、実物資料や復元模型等を用いて紹介しています。

江戸東京博物館

 

江戸時代から現代までの歴史、文化、生活を一挙に学ぶことができます。

 

東京に住んでるんだけど、意外と知らない。

へぇ〜。へぇ〜。とトリビア満載の知的好奇心を満たしてくれる施設になっています。

 

開館時間は9:30~17:30 (土曜日は9:30~19:30)となっており、入館は閉館の30分前までです。

 

お休みは毎週月曜日

 

料金は600円です。安い!

 

両国駅からすぐ!徒歩5分。

f:id:ytbr:20180818103520j:image

でかい!

 

なんとかレンジャーのロボットが出てきそう。

夜に見るとちょっとしたおそろしささえ感じる。

 

この写真の場所が3階です。

両国駅の西口、両国国技館側から行く場合は

動く歩道を通ってこちらに出ます。

 

f:id:ytbr:20180818104101j:image

進んで行くとチケット売り場があるので、

ここでチケットを購入します。


f:id:ytbr:20180818104105j:image

チケットかわいい

 

チケット売り場の向かいの側に

入り口となっている特徴的なエスカレーターがあります。

f:id:ytbr:20180818104432j:image

かっこいいです。

 

f:id:ytbr:20180818121822j:image

こういうのわくわくしますね。

 

入場したらまずボランティアガイドをお願いしよう!

f:id:ytbr:20180818112234j:image

まず目に飛び込んで来るのが

日本橋!

 

なかなかの迫力です!

 

ですが、そちらへ行く手前にガイドのコーナーがあります

 

ボランティアの方がガイドをしてくださりますのでお願いしましょう。

 

無料で館内を案内してくれます。

 

人気なのでつねに空きがあるとは限りませんので、何度も立ち寄ってみてください。

 

このガイドがすっごくオススメ!

 

色々な情報を付け足してくれるので

勉強になります!

 

例えば、

昔の呉服は京都の物が品質が高く、京都から下ってくるモノ、下りもの(くだりもの)が良いとされてきました。

それに対して、江戸近郊で作られた下ってこないものが品質が悪く下らないものと言われていたそうです。

これが「くだらない」の語源であると。

※諸説あり

 

へぇ〜!!

と、まあこんな感じの情報をたくさんいただけます。

 

他にも花火のときの掛け声「たまや〜かぎや〜」って何なのかとか。

 

通常のガイドで1時間半くらいだそうですが

短めでお願いすることも可能です。

 

ここからは展示室の中をちょい見せ!

写真を撮ってまいりましたので

いくつか紹介したいとおもいます。

 

f:id:ytbr:20180818115215j:image

隅田川の川開き。

現代にも復活してる隅田川の花火大会の始まりですね。


f:id:ytbr:20180818115207j:image

よっ!成田屋!


f:id:ytbr:20180818115210j:image

昔は神輿じゃなくで山車がメインだったそう。


f:id:ytbr:20180818115222j:image

昔の本屋。


f:id:ytbr:20180818115218j:image

 

f:id:ytbr:20180818115226j:image

データを掲示しているものも結構多いです。

 

定期的に開催されるイベントも見逃せない

ぼくが行った時には展示室内の中村座前で、

えどはく寄席という催しが行われていました。

f:id:ytbr:20180818114011j:image
f:id:ytbr:20180818114003j:image
f:id:ytbr:20180818114008j:image

 

やなぎ南玉さんの曲独楽

鏡味正二郎の太神楽を観ることができました。

 

お二人ともトークも含めてとても楽しかった。

 

15分ずつで計30分。

 

これだけで入館料以上の価値があります

はっきり言ってちょーお得

 

東京に生きるものとして知っておこう

紹介した展示以外にも東京の水道「玉川上水」のことや

明治以降の東京についても学べます。

 

東京に生きるものとして

その歴史やカルチャーは知っておきたいですね。

 

ぼくも近いうちに再訪しようと思います。