Groovy City Life

休日は出かけよう。

改装した浅草ビューホテルの新しいレストラン『薪火』へ行ってきた

f:id:ytbr:20180622120842j:image

今回は浅草ビューホテルのレストランについて紹介いたします。

 

私はこちらのホテルで結婚披露宴をおこなった縁もあり、よくレストランを利用しています。今回ご紹介する『薪火』は2017年にホテルが改装して新しくできたレストランです。

 

先日、ディナーで食事してきたので、料理についてお伝えしたいと思います。

 

 

レストラン『薪火』とは

f:id:ytbr:20180622091458j:image

浅草ビューホテルの2017年の改装に伴い、一階ロビーに新しくできたレストランです。店名の通り薪の火を使った、肉料理がメインのレストランです。

 

営業時間

11:30-15:00(L.O.14:00)

17:30-21:30(L.O.20:30)

 

いただいたお料理について

まずはスパークリングワインから開始しました。おいしい飲みやすいオーストラリアワインです🇦🇺

 

野菜と炙りベーコンのサイコロサラダ温かいラクレットチーズをかけて

前菜のサラダはインスタ女子が大好きなラクレットがけのものがありました。
f:id:ytbr:20180622091503j:image

私はラクレットチーズなるものは初体験でした。見た目の豪快さが注目されがちですが、シンプルにチーズがおいしいです。

 

薪窯の木の香りで燻した焼き野菜色々 塩辛と香草のソース

続いては薪火を使った料理が良いよね、ということで焼き野菜をいただきます。f:id:ytbr:20180622091520j:image

ヤングコーンが皮付きのまま出てきて、本当にトウモロコシなんだ、という驚きがありました。ソースは塩辛味のものがバーニャカウダのような風味になっており、とてもおいしかったです。

 

オーストラリア産仔羊の薪焼きステーキ

メインのお肉は仔羊と牛を200グラムずついただきます。まずは仔羊です。
f:id:ytbr:20180622091635j:image

柔らかいラムでおいしかったです。粒マスタードの醤油漬けがアクセントとなってとても美味しいです。

 

宮崎齋藤牛腿肉炙り焼きステーキ

牛肉です。テーブルの近くまで持ってきて切り分けてくれます。ちょっとしたことですが気分が高揚します。


f:id:ytbr:20180622091652j:image

ブルーの皿に映えています。こちらには、塩、粒マスタードの醤油漬けに加えてわさびとほうれん草ソースがつきます。色々な味を楽しめてこういうのは良いですね。

  

余裕に食べられる量だと思ったのですが、お肉がなかなかのボリュームでギリギリのお腹具合となってしまいました。良いお肉は100gずつくらい楽しむものかもしれません。

 

自家製ソルベ

おなかがいっぱいでも、甘いものは別腹。デザートはいただきます。自家製ソルベです。

f:id:ytbr:20180622091821j:image

ソルベとケーキを提示された5種類ずつの中から各1つ選ぶスタイルです。私は日本茶のソルベとケーキを洗濯。日本茶のソルベは抹茶ではなくほうじ茶ラテの風味で、とてもおいしいです。

 

 

お会計

締めて¥16,000- でございました。

お酒を飲む方なら、1人¥10,000くらいですかね。

  • スパークリングワイン - ¥950
  • トマトとアボカドとセロリの数種類野菜と炙りベーコンのサイコロサラダ温かいラクレットチーズをかけて - ¥2,000
  • 宮崎齋藤牛腿肉炙り焼きステーキ200g - ¥4,600
  • 薪窯の木の香りで燻した焼き野菜色々 塩辛と香草のソース - ¥1,900
  • オーストラリア産仔羊の薪焼きステーキ2本 - ¥3,000
  • 自家製ソルベ - ¥850

 

全体的にとても満足度の高い料理でした。特に仔羊のステーキが美味しかったです。

 

こちらのレストランは一階にありますので、浅草ビューホテルの売りである眺望はのぞめませんが、薪火を見られるカウンター席もあるので、そちらも雰囲気がよくおすすめです。一度訪れてみてはいかがでしょうか。