Groovy City Life

休日は出かけよう。

【浅草橋】ケーキ屋Le GOUTER(ルグッテ)

f:id:ytbr:20180623065252j:image

 

浅草橋のまぼろしのケーキ屋さんを、ご存知でしょうか?

 

ケーキ屋さんルグッテです。

 

そちらのスイーツを食べることができましたので、紹介したいと思います。

 

Le GOUTERってどんなケーキ屋?

 

浅草橋駅から徒歩3分くらいの場所にあるケーキ屋さんです。

 

とても人気で商品は本当にすぐに売り切れとなってしまいます。

 

f:id:ytbr:20180623065401j:image

オープン直後の様子です。

オープン前から列ができています。


f:id:ytbr:20180623065357j:image

店先にある表示の通り木曜日、金曜日しかオープンしていません

 

オープンしている曜日が少ないことと、商品がすぐに売り切れてしまうので、なかなか購入することができません。

 

今回は、平日休みの妻が買ってきてくれたので、いただくことができました。

 

メニューはこちら

f:id:ytbr:20180623065404j:image

  • アプリコットバターケーキ
  • Coffeeラムレーズンマカロン
  • チーズケーキ
  • カヌレ
  • シュークリーム
  • プリン

6種のスイーツを販売しています。

 

商品はこちら

f:id:ytbr:20180623065350j:image

フランス風のかわいらしいパッケージです。


f:id:ytbr:20180623065354j:image

チーズケーキ、カヌレ、マカロンです。

 

チーズケーキ

まずはチーズケーキをいただきます。

 

食感はしっとりとふわふわのあいだです。

 

味はとても濃厚です。

 

有名どころのスイーツに例えると、北海道のドゥーブルフロマージュのようなイメージです。

 

これ、ぼくはめっちゃ好きなやつです。

おいしい。

 

カヌレ

まず食感ですが、外がカリッ!中がモチッ!

 

これまで食べたカヌレとは違う食感です。

これが本物でしょうか?

 

カヌレって、あまり好きではなかったんですが、好きになってしまいました。

 

おいしかったです。

 

そもそもカヌレ、ご存知でしょうか。

 

カヌレとは?

カヌレ(仏:Canelé)はフランスの洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー(cannelé de Bordeaux)[要出典]。

フランスのボルドー女子修道院(fr:Couvent des Annonciades)で古くから作られていた菓子。蜜蝋(みつろう)を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが特徴である。そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味である。外側は黒めの焼き色が付いており固く香ばしいが、内側はしっとりとして柔らかい食感を持つ。

引用元: カヌレ - Wikipedia

 

フランスに行ったときにカヌレ食べ忘れました…。

 

Coffeeラムレーズンマカロン

オシャレスイーツの代表格、マカロンです。

 

食感はフランスの有名なラデュレより重めです。

 

重量感あるマカロン。

 

ラムレーズンの味がおいしい。

 

マカロンとは?

マカロン(仏: macaron)は、卵白と砂糖とアーモンドを使ってオーブンで焼きあげた菓子で、成分の半分以上が砂糖であるため、たいへんに甘い。形状は、直径数センチの半円形を両方から合わせた形をしている。フランスを代表する洋菓子であるが、発祥地には諸説があり、イタリア発祥説のほかに、8世紀フランスのコルムリー修道院で初めて考案されたという説もある。

引用元: マカロン - Wikipedia

 

プリン

f:id:ytbr:20180623065408j:image

大きなプリンがケーキ形状に切り分けられています。

 

食感は固めのプリンです。

 

これは永久に食べられる系のプリンです。

 

ぼくは一番好きかもしれません。

 

まぼろしのケーキ屋は行く価値がある

木曜日と金曜日しか、オープンしていませんしすぐに商品が売り切れてしまう人気店のルグッテ。

 

なかなか買うハードルが高いですが、食べる価値のあると感じたスイーツたちでした。

 

今回紹介できていないスイーツもあって、他にもシュークリームを食べたことはあります。

そちらも美味しかったです。

 

すべて美味しいので、ぜひご賞味いただければと思います。