Groovy City Life

休日は出かけよう。

【本格的】本場の豆花の作り方は東京『浅草豆花大王』の教室で学ぼう

豆花タイトル

 

 

豆花は美味しい。大好きです。

 

スイーツなのに罪悪感がないので、ぼく的ランキングではナンバー1です。

台湾に行くときは毎日食べています。

 

そんな豆花ですが東京では食べられる店が少ないんですよね。

 

家で作ってみても、なんか本場と違う。

やっぱり本場の豆花を作りたいし、食べたいよ。

 

ということで、豆花の作り方を学びに浅草豆花大王に行ってきました。

 

浅草豆花大王とは

名前の通り浅草ちょっと奥のエリアにある豆花のお店。

なんでもある東京においても数少ない豆花専門店! 

貴重な存在です。

 

「浅草豆花大王」では店舗にて丁寧に手づくりした豆花を提供。
つるっとした独特な食感と、サトウキビを使用した優しい甘みのシロップのハーモニーが決め手です。
お好みで小豆、ピーナッツ、タピオカなどこだわりの素材をトッピングし自分好みの豆花が楽しめます。
女性に嬉しい美容と健康にもピッタリです。
また、愛玉子、仙草ゼリーも店舗にて手作りしています。
ドリンクも充実していますので、是非、一度当店までお越しください。

引用元: www.to-fa.com

 

場所はTX浅草駅から徒歩11分のところ

 

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩11分。

 

バスの路線も通っていて近くまでいけますね。

 停留所 浅草四丁目、浅草二丁目、奥浅草からは徒歩五分圏内です。

ちょっと遠い浅草七丁目の停留所からは徒歩7分でした。ぼく調べ。

  

そんな豆花専門店「浅草豆花大王」の豆花作り教室とは

浅草豆花大王が開催している豆花作り教室があります。

店主が直々に作り方を教えてくれるというなんとも素敵なイベント!

 

店で提供してるもの教えちゃっていいの…?

などといらぬ心配をよそにこれまで400名以上の方が受講されているようです。

スーッゲ。

 

作るのは豆花とトッピング

教室では豆花とトッピングのさつまいも団子(地瓜圓)の作り方を教えてくれます。 

豆花トッピング

 

こんな感じ。盛り付けがセンスが絶望的になく、すみません。

 

教室では四人ずつのグループで豆花作りをします。

四人で1つの木桶豆花を作ります。

 

ぼくは単身突入してますので、

他のミセスとご一緒させていただきました。

 

さあ、はじまりです

大王の説明

 

※写真は許可をいただいて掲載しています 

 

店主『こんにちは、大王です。』

 

…だ、、大王??!!!

 

という皆さまの困惑した表情の中、とても和やかな雰囲気でスタート。

 

まずは豆花の定義の説明があり、その後レシピ、工程の説明です。

それを皆でメモメモ_φ(・_・

 

…してるんですが、大王の後ろの張り紙が気になってしょうがない。

  

大王の説明

 

大王の目標

大王の目標拡大



アツい!!!

 

豆花を広めたいという思いでやられているのですね。

大王のアツイ想いもメモメモ_φ(・_・ 

 

僕のなかでは豆花がナンバーワンですよ。

杏仁豆腐も好きだけれども。

 

 

さて、教室の内容に戻ります。

 

説明を受けたあとには実際に作っていきます。

ここからは写真でいきます。

 

まずはさつまいも団子から。

さつまいも団子こねる

こねる

 

さつまいも団子まるめる

こねてまるめたものは団子になる

 

続いて豆花。

豆花あたためる

温めるなどして

 

桶に入った豆花

木桶に入れたらもう豆花よ!

 

豆花よそう

すくって

 

豆花トッピング

 

完成だ!

 

大王の手ほどきのおかげで皆さま失敗なく完成!!

 

食べます……

 

超美味しい!本場の味で大満足です。

 

豆花を食べるのが初めての方もいらっしゃいましたが、

皆さま大満足のご様子でした。

 

豆花の良さ、広まってます。

作りたくなったら豆花作り教室に参加しよう。

 

豆花教室への参加方法はFacebookから

豆花教室は月に1回ほど、土日を中心に開催されています。

参加者の募集は浅草豆花大王のFacebookのイベントページで行われます。

 

募集日程ごとにイベントページが作成されますので、

参加ボタンを押下したうえでメッセージで参加表明を書き込めば完了。

毎回16名が募集され、いつも満席となっています。早く申し込もう。 

 

参加費は¥3,500-です。(当時)

 

これで一生もんの豆花作りのノウハウはめちゃくちゃ安いですねー。

 

まとめ

『浅草豆花大王』では店主の大王が豆花を広めたいという熱い想いで

豆花作りを教えられていました。

 

ぼくもよりいっそう豆花が好きになりました。

皆さんも行って豆花作りをマスターしましょ!