Groovy City Life

休日は出かけよう。

伊豆高原の観光ならユネスコ世界ジオパーク「大室山」がオススメ

大室山下



伊豆高原を旅行するのであれば、絶対に行っておきたい場所が大室山です。

一般的には有名ではないかもしれませんが、嘘みたいな綺麗なフォルムで、大きな丘という雰囲気の美しき山、大室山を紹介いたします。

 

 

大室山とは

伊豆高原にある標高580mの山です。お椀をふせたような柔らかな曲線の美しいシルエットが特徴で、山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山です。2010年8月5日には国の天然記念物に指定されています。

 

本当にこれまで見たことがないようなお椀型の嘘のような美しい山です。見た目の美しさだけではなく、大室山は伊豆半島ジオパークでもあります。ジオパークという言葉はあまり耳慣れないと思いますが、ユネスコでの登録が行われている世界遺産のようなものです。

 

伊豆半島ジオパークとは

ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉です。 Geo(大地)のPark(公園)ということで、自然を楽しめる場所なんですね。

 

伊豆半島はユネスコ世界ジオパークに認定されており、高品質なジオパークとして認められています。

 

ユネスコ世界ジオパークは、伊豆半島を含めて日本では9箇所が認定されています。日本での世界遺産の登録は22件(2018年時点)ですから、それよりも少ない貴重な場所と言えます。北海道から九州まで、以下の9箇所があります。

  • 洞爺湖有珠山(北海道)
  • アポイ岳(北海道)
  • 糸魚川(新潟県)
  • 伊豆半島(静岡県)
  • 山陰海岸(鳥取、兵庫、京都)
  • 隠岐(島根県)
  • 室戸(高知県)
  • 島原半島(長崎県)
  • 阿蘇(熊本県)

 

とく伊豆半島は東京から行きやすく、東京に住んでいて自然を思いっきり楽しみたい方にオススメの場所なんです。

 

山頂へはリフトで登頂登りリフト

 

山頂へはリフトで一気に行くことができます。ゆらゆら前後に揺れながら上がっていくタイプのリフトです。くだりもリフトです。

 

下りリフト

景色がとても綺麗です。

 

 

大室山の山頂は一周できるようになっています

大室山全景



山の縁を一周できるようになっています。 

パラグライダーをされている方もいました。

 

大室山からパラグライダー

 

おだんごやさんもあります。醤油味をいただきましたが、だんごが柔らかくとても美味しいです。

大室山団子や
 

おみやげのオススメは

持ち帰り大室山



この持ち帰り大室山がオススメです。なんと大室山の土で作られています。何と言ってもかわいいです。

 

我が家のリビングに鎮座しています。

 

大室山へはバスで行く

伊豆高原駅からはバスで行くことができます。

1番乗り場から乗ります。バスは1時間に1本くらいの頻度であります。

 

伊豆高原駅バス時刻表

 

場所はシャボテン公園のすぐ目の前ですので、 シャボテン公園行きのバスに乗って、バス停「シャボテン公園」で降りると目の前に大室山があります。

  

駅で伊豆高原・城ヶ崎バスフリーきっぷを買いました。

 

伊豆高原・城ヶ崎バスフリーきっぷ

バスフリーきっぷ


 

伊豆高原のバスが乗り放題で800円です。

 

伊豆高原からシャボテン公園までが片道360円ですので、もう1箇所寄るところがあるのなら買いましょう。大室山のリフトも50円割引されたり、各種施設での割引もあります。

 

大満足の大室山

あんまり期待せずに行った大室山ではありましたが、たいへん満足度が高い観光となりました。やっぱりリフトは気持ちが良いですし、山頂の散歩も20分で一周できてちょうどよいです。 

バスもリフト乗り場の目の前に止まりますし、車での旅行ではない方も安心の便利さです。