Groovy City Life

休日は出かけよう。

フランス新婚旅行:モンマルトルのサクレクール寺院まで朝散歩

サクレクール寺院

 

2017/8/31〜2017/9/9に9日間の旅程でフランス旅行へ行って来ました🇫🇷

 

新婚旅行で妻の希望のパリとぼくの希望でニースへ。ぼくのなかで「新婚旅行は南仏」という憧れがありました。

 

最終的にはパリ、ニース、モナコ、ドバイの4地域を旅行しましたのでその内容を紹介したいと思います。

 

 

旅行1日目の模様はこちらをどうぞ

yotte.hatenablog.jp

 

 

2日目:フランス到着〜バスで市内へ移動

パリ初日は夜にシャルル・ド・ゴール空港(CDG)へ到着しました。

 

空港からパリ市街への移動はLe Bus Directという空港と市内を結ぶバスを使います。

 

初めてパリに行った時は電車で中心地までいったのですが、切符の買い方もわからないし電車はなんか怖い感じだし、とても心細かったのを覚えています。

 

バスLe Bus Directのチケットは事前にWEBで購入することができます。

ぼくたちはCDGからエトワール凱旋門の付近のバス停まで乗車しました。

 

残念ながら日本語表記はありませんが、英語で問題なく購入できると思います。

料金は片道17€です。往復だと30€になり、少し割引が適用されます。

 

予約のサイトはこちらです。

 

WEBで予約をするとメールでチケットのPDFが送られてきます。そのPDFに記載されているバーコードが乗車に必要となります。乗車時、運転席の横にバーコードリーダーがあるので、そちらでPDFのバーコードを読ませることで乗車できます。印刷せずにスマホの画面でも大丈夫でした。とても便利です。

 

凱旋門近くの停留所の名前はÉTOILE / CHAMPS-ELYSÉESです。これでエトワール、シャンゼリゼと読みます。

 

ホテルはシタディーンモンマルトルに宿泊

ホテルは、翌日にムーランルージュの観覧を予約していたこともあり、その付近のホテルを選んで2泊の予約をしました。

 

1泊11,000円くらいです。新しめでシンプルモダンなホテルでした。

 

余談ですがうちの妻はなぜかキッチン付きタイプの部屋に泊まりたがります。

ハワイに行った時もそうでした。

簡単にでも料理をすることを通して、少しでも現地での暮らしを感じられるのはお勧めではあります。

 

予約したホテルのシタディーンモンマルトルは凱旋門からパリ・メトロの2号線で一本のBlancheから徒歩3分の立地にありました。

 

ちなみにホテルのすぐ横には著名人の多く眠るモンマルトル墓地があり、昼間は散歩できます。

モンマルトル墓地

墓地。夜間は門が閉まっているようです。

 

Blanche付近はムーランルージュの客と思しき人たちでとても賑わっていました。周りではどこからともなくダンスミュージックが流れてきています。他の方の旅行記でよく、モンマルトル付近は治安が良くないと言われるのもわからないでもない雰囲気でしたが、ぼくはDJをしていたこともあってナイトライフは楽しむタイプですので、全く気になりませんでした。楽しい気持ちになっただけでした。

 

モンマルトルの朝、サクレ・クール寺院へ

次の日は朝6時頃に起床しました。時差ボケなので早く目が覚めてしまうのは遠地旅の常ですね。

 

朝食は大切に考えていますので、 トリップアドバイザーで検索して素敵なお店を発見しました。

 

La Bossue

 

口コミをみると朝食ビュッフェがあるとのことです。サイコー。

オープンが8:30とのことですので、モンマルトルを散歩をします。サクレ・クール寺院の方角に向かいます。

 

パリの道路は歩道と車道の際に大量に水が流れています。あぶない。あれはどこからきた水なのか・・・下水?などと思っていましたが、あれは掃除をしているんですって。水を流すことで道路脇のゴミを坂の下まで流しているそうです。へぇ、合理的だな。

 

モンマルトル散歩墓地上



まだ少し暗い朝の空のなか、散歩しています。

 

モンマルトル散歩坂道



誰もいません。

 

モンマルトル散歩かわいい店
可愛い。

 

モンマルトル散歩ひとりポーズ

誰もいないので、インスタ映えし放題です。アップしてませんが…。


20分ほど路地を歩いて、サクレクール寺院に到着します。

サクレクール寺院

すごい。荘厳です。こちらも誰もいませんのでインスタ映えし放題です。

朝の散歩、ほんとにおすすめです。

 

モンマルトルからの眺望と僕

パジャマのピンクTシャツがダサいのはご愛嬌。

 

人が少ないし写真も撮り放題です。朝はやくから散歩してきた者の特権ですね。

この時間は中に入ることはできませんでした。

 

モンマルトルの朝食

8:30になったので調べたお店へ行きます。

ラボシュ (パリ) の口コミ305件 - トリップアドバイザー

 

ラボシュ外観

とても可愛らしい外観です。パリに来たなぁという気持ち。店員さんボケてますが。

 

ラボシュ内装

内装もキュートです。

 

さて、食事ですがビュッフェのハズがメニューにありません。どうやら曜日限定のようでした。残念ですが、仕方なく通常メニューを頼みます。

 

クロワッサンと甘いパンとマドレーヌ、コーヒーにオレンジジュースです。

とても美味しかったので、結果オーライでした。

 

そんな感じで店をあとにして、ホテルへ帰還です。

これにて楽しい朝の散歩、終了です。

 

なんども言いますが、朝の散歩は人が少なくて写真が取り放題なので本当におすすめです。時差ボケを有効活用して、朝の散歩を楽しみましょう。